綺麗な胸ビレが見たい ホウボウ 北茨城県

ホウボウという魚をご存知でしようか?

胸ビレが大きく宝石のように綺麗で、魚のくせに足がはえていて歩く魚。

…というととんでもない魚ですね。

想像すると妖怪みたいです。

姿はおいおい載せるのでお楽しみとして、

とにかく胸ビレが綺麗なので、一度釣って生で見たいと思っていた魚です。

どっかで釣れないかなーなんて調べていたら、

釣り友達から週末ホウボウ釣りの船に乗るけど一緒に乗るか?とありがたいお声がけが!!

行きます即答です。友達サイコー。

ただ船釣りといえば不安要素が。

私、船酔いレベルが非常に高いのでほぼ毎回酔ってるんですよねえ。

酔う前に釣っておかないとダウンして寝ていたら港に戻っていた、なんて事になりかねません。

なので、船釣りに関してはとにかく簡単に釣れる方がいい。お金出して船に乗って酔うだけ酔って帰ってくる、なんてドMの極みですからね。

なのですが。

餌でやればいいものを、ジグ(鉛などを板状にしたルアーのようなもの)を使ってスロージギングという方法で狙うそうです。

いやっ。餌でいいじゃんっ。

いる場所わかってるなら落とせばすぐ食ってくるでしょう?

でもまあジギングでも簡単に釣れるというので、

郷に入れば郷に従え、ちょっとやってみる事にしました。

意外とたくさん釣れちゃうかもしれないし。

やらずに否定するのはよくないですよね。

ちなみにジギングというのは、

鉛の板みたいなルアーを落とし、底についたら竿をあげて(シャクる)巻くを数回、何もなければまた底に落としてを繰り返して魚に誘いをかける釣法。

結構ポピュラーな釣り方なんですが、

私はジギングで魚を釣った事が殆どなく、

あまり信用していませんでした(笑)。

でもでもやるしかない、半信半疑ながらやっていきましょう。

これがジグ。形も様々で用途に応じて使い分けるそう

港から揺られる事1時間くらいでポイントに到着。

さっそくジグを底まで落とします。

この着底するまでの間ってもどかしいですよね。

今日釣れるかな?どうやっていこうか?みたいな色々な思考が渦巻いてワクワクが止まりません。

あんまり余裕ぶっこいてるとボウズくらいますしね。

でも自分だけが爆釣するんじゃないかという期待が膨らみます。

そんなこんな妄想をしていると着底。

水深は60m前後でした。

そこからシャクる、シャクる、シャクる、、

落とす〜。

シャクる、シャクる、シャクる、、

落とす〜。

の繰り返し。

そして途中で竿が上がらなくなりなんとなく重みが!!!!

ゴリゴリと巻き上げてきて水面にはお目当らしき姿。

きましたホウボウ。ん?

こちらはカナガシラという魚。

ホウボウの親戚みたいなものです。

胸ビレが真っ赤なのが特徴。

本命のホウボウじゃなくても、

初釣魚は嬉しい!!

形も似ているので、

肩透かし感がすごいお魚でした(笑)。

仕切り直していざホウボウを釣らんと再びジグを落とします。

着底。

シャクる、シャクる、シャクる、

落とす〜

シャクる、シャクる、シャクる、

落とす〜

シャクる、シャク…………

竿に重みが乗ってシャクレなくなる!

この瞬間が結構たまりません(笑)。

きたーーー!!!!

今度こそホウボウか!!!?

この巻き上げて姿が見えるまでが待ち遠しいぜ!!

ま た お ま え か

はいーーー、またもやカナガシラ。

お前じゃない(笑)。

魚がかかってきてくれることは素直に嬉しいのですが、

違うんだ、君も素敵だけれど、

赤いのはもういいんだよ。

僕はホウボウが見たいんだ。

期待を込めて再びジグを放る。

……着底。

シャクる、シャクる、シャクる、、

落とす〜

シャクる、シャッ……

重い!きたーーーー!!!

巻き上げてくると先ほどまでとは違う色の魚が!!

きましたホウボウ!胸ビレが綺麗!

やった!!!これぞ本命ホウボウ!

この胸ビレの輝きが見たかった!!

カナガシラと比べてもやはり綺麗!

なんで毒がある訳でもないのにこんなに鮮やかなのか。

淡水魚にはない魅力がありますよね。

カナガシラよりも一回り大きいのもあって、

釣った感も大きい。素敵。

さてここで冒頭で言っていた脚を見てみましょう。

と思ったら動画があげられなかったので画像で…

太く三本でているのが脚みたいなものでヒレが変化したもの。この部分で文字通り底をテクテク歩けます。

変な形をした魚ですよね

なんでも先端に感覚器があってそれで砂の中の餌を探しせるのだとか。

ちなみにホウボウという名前は、このヒレで「方々」歩き回るところから来ているそう。昔の人はよく観察していますよね。

更には浮き袋を鳴らしてグーグー鳴くことだってできます。必要なのかその機能?

大きく鮮やかな胸ビレ、

歩けるヒレ、更には鳴くってなんなんでしょう。

魚をやめたいんですかね。

その後船酔いと戦いながら

今回の釣行は

カナガシラ2

ホウボウ5

の釣果でした。

7〜8時間ひたすらにシャクり続けて腕がパンパン。いい筋トレになりますねこれ。

この日は結構渋かったそうですが、

お目当の魚が見れたので私はなんでもいいです

しかも、味も良い魚で

体に対して身が若干少ないものの、

30cm〜くらいのものがたくさん釣れるので、

私はあまり気になりませんでした。

唐揚げやお刺身にしていただきやした。

しかも捌くのが楽

最 高 か よ 。

ジグでの釣りもあまり信用していませんでしたが、

途中でシャクれなくなる感じは確かに病みつきになるものがありました。

ちなみにこの仲間、実は他にも種類がいて、

しかも胸ビレの色が種類毎に違うという

コレクション欲をかられるグループです。

富山湾で先輩が釣っていたオニカナガシラを見て、ほぇ〜こんなに綺麗なのか〜と感動し、今回ホウボウを釣るために色々と動くことになったのですが(笑)。

富山で先輩が釣っていたオニカナガシラ

同じように影響されて、この記事を読んで挑戦してくれる方が現れたら嬉しいです。

(もう時期的に遅いかも?)

綺麗で釣るのも楽しくて美味しいって最高ですね。

こういった特殊な形や色した生き物は大好物です。

ホウボウ最高でした

北茨城からスロージギングで狙う、ホウボウでした〜。

タックルデータ

ロッド:ディアモンスターMX-6+/モンスターキス

リール:スピードマスター200/シマノ

ライン:やすいPE2号+フロロ16lb

ルアー:スロージギング150g〜


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする