小笠原水産センター(水族館) / 東京都 小笠原諸島 父島

小笠原に行かねばと思っていた最大の目的がここ、小笠原水産センター!!


水族館巡りというのをライフワークの一つにしている身としては避けては通れぬ施設です。


国内には200館を越える水族施設があるわけですが、東京基準で最も遠い水族館ってどこだか知ってますか?




小笠原水産センター!!ではなく、
沖縄県は八重山諸島の一つ、黒島というところにある黒島研究所。


黒島研究所。直線距離でほぼ2000km…!


遠すぎてイマイチわからない域に。




では最もアクセスの悪い水族館はどこか。
それがここ小笠原水産センターだと思っています。
東京から出ている船でしか行くことができず、
距離こそ1000kmですが、6日半作るのは至難のワザ…関西や本州以外となればその難易度はグッと上がることと思います。


ブログ始まって初の水族館紹介(笑)



いきなりマイナーはところきたナ!って言われてしまいそうですが、やっていきます。


あれ、なんだか緊張するな(笑)。


無料(タダ)です!




入り口を抜けると生簀のような水槽がいくつかあり、
いきなりサメがお出迎え。


やっぱりサメはかっこいいね!




ツチホゼリ もいたんですが、サメにスポットを当てたいのでサメの画像しか載せません。




メインの水族館の入り口はこちら



どんな生き物が展示されているのか楽しみです。


おお、思っていたよりも広い




離島の水族館って、なんかこう殺伐とした雰囲気があって、それはそれで味があっていいですよね。


水族館激戦区には決してない、離島ならではの雰囲気が個人的には好きです(笑)。



館内では南方系の魚がお出迎え。






結構好きな展示がコレ、
アカハタのマンション。
筒が吊るされています。


アカハタマンション







ふと下に目をやると……。



穴には入らないやでー




いや入れよっていう(笑)。


ダイビングで潜った時も結構な数がいた印象のアカハタ。


サンゴ礁にいるからなのか、
本州で見る個体と違って白みの強い体色の個体が多いように感じました。


ウツボにも家が与えられています。




この顔。どんな感情でそこに入っているんですかね?



擬態のスペシャリスト、オニダルマオコゼ



立派な個体だけど、なんで泳いでいるのだろうと思ったら掃除中でした(笑)。


人間が水槽の掃除をしている風景です。



仕方ないな〜みたいな感じで泳いでいるのが可愛らしかったです。


ハイブリッドイシダイ




イシダイとイシガキダイのハイブリッド個体。
ここ小笠原諸島ではイシダイとイシガキダイの小さいサイズは釣ってもリリース推奨しています。
そんなところでこんな良い個体!
こんなのも小笠原には野生にいるんでしょうかね!?


モンガラさん!一瞬何か分からなかった(笑)。




いつも止まらずに泳ぎ回っている印象でしたが、
ここのはのんびりしていました。




めっちゃ寄ってくる(笑)。



癒されます。



イラストうめー!!



正直あまり見分けが付きませんでしたが、
これでメッキ系マスターになれます。



どれがどれかわかるかな?





カッポレかわいい!






こちらは淡水コーナー。

小笠原は淡水域が少ない為、展示規模も少なめ。





実はオガサワラヨシノボリの散策前に寄っていたので、野生個体よりも先にこちらで見ていました。

ずっと小競り合いしていたけど、
こいつがボスっぽかった。



グッピーやティラピア、
オガサワラコテナガエビなどなど。



南方系の魚ゾーン




チョウチョウウオを始め派手な魚がめっちゃ入ってます。
どれもこれも似てて見分けがつかねーよ!とも思うのですが、
解説版と見比べて観察し出すと一生見てしまう沼です。



新入りさんだそう。





カンパチの赤ちゃん!
かわいい!!!





一周見終わり、外へでると更にそこにも生簀があり、覗きこむと…

立派なツチホゼリ !




こっれっはったまらん!!!



そして、小笠原水産センターといえばこれですよこれ!!


アカバ(アカハタ)の歯磨きができる!




トントンして歯ブラシを近づけると口を開けて
歯磨きをさせてくれるというもの。


僕もブログで見てこれは絶対やりたいなー!!
と思っていました!




が、まさかの(笑)。





え、こんなピンポイントで消毒することある??笑



オワタ…と思っていたら一時的なものだそうで、
後日無事やることができました!


昼間は暑いからかこの板の下へみんな避難していました(笑)。





タイミングが悪かったのか、
ほぼどの子も逃げるだけでしたが、
確かに口を開けてやらせてくれるコもいて可愛かったです!



こういったのんびりした感じの体験コーナーは
いかにも離島の水族館という感じでいいですね。


是非、小笠原諸島へ行った際には寄って、
アカバの歯磨きをしてみてください!
島の雰囲気と共に、のんびりまったりすること間違いなし!?

つづく




小笠原諸島に行ってきた その1


小笠原諸島に行ってきた その2


小笠原諸島に行ってきた その3


小笠原諸島に行ってきた その4


小笠原諸島に行ってきた その5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。