釣ってきたタルイカでイカリングとか作ってみた





前編で釣ってきたタルイカを調理します。


タルイカ




まずは前々からやってみたかった
巨大イカリングに挑戦。


ふぉあちゃあ!




じゅわー




完成!




実際にはこの倍くらいの量、
調子にのってたくさん作ってしまいました。
食べてみると…うん!味は普通のイカリング。
美味しいですが、
厚みがあるので非常に顎が疲れます(笑)。


これは邪道というかイカリングである個性を全力で殺しますが、
一口サイズにカットして食べた方が間違いなくよかったです!
でも美味しいし、見た目もインパクトあるので
これは正解かなーという感じでした。


しかしまあ、初めて作ったイカリングが
こんなに巨大なものになるとは(笑)。




それから、、


細かく切ります




なんだかナタデココみたいだよね、
と先輩が言っていたのでこんなのもやってみました。


イカフルーツポンチ




食への冒涜!ではなく、
どんなの食べ方が輝くかわかりませんからね。
ナタデココっぽいやつは全てイカです。
見た目的にはそのまんまですよね。


見た目は全く違和感なし






なんとなく美味しそうに見えますね。
気になる味の方は三噛み目くらいまでは違和感ないですが、
途中からじわ〜と塩っぱさが滲み出てきて
僕イカっす。と突然主張してきます。
美味しくは………ない!
しょっぱさがフルーツと絶妙に合わないです(当たり前)


変わり種として何も言わずに出して
食べた人のリアクションが見たくなる感じの味でした。




そして刺身。
まずお刺身でシンプルに…。
うーん、なんかネッチョリしていて
歯応えはあまりよろしくない。


刺身




コリコリしていそうなイメージだっただけに残念です。
甘みもそんなになく、
話によるとしばらく冷凍させて寝かす事で甘みが増すそう。
というわけで1年間寝かせてみることにします。
(それから1年寝かせたものをこの前食べてみました)。




1年冷凍してあったイカ




確かに甘みは増したように感じますが、
食感の悪さみたいなものは変わりません。
業務用のしっかり冷やせるもので冷凍した方がいい、
なんて話もありもしかしたら家庭用の冷凍庫では限界があるのかもしれませんね。


醤油バターなどで焼いて食べると
この固めの食感がむしろ良い感じなんですけど、
お刺身だとどうも気になる ねっちょり感。
個人的にはタルイカはお刺身よりも
火を通す食べ方の方が美味しい感じがしました。




さて、今回僕が調理したのは2kg前後のタルイカ、
僕が使っている竿、
ディアモンスターを開発販売している
モンスターキスの忘年会では
10kgクラスのタルイカが振る舞われました!


本気




イカ飯を始め、味付けなんかも超本格的!
会自体も楽しくかなり充実しました〜!
自分でもこういうのを作ってブログで紹介で紹介してみたい!
おわり(笑)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。