小笠原諸島母島でライトゲームフィッシング

前記事はネムリブカを釣った話でしたが、今度はあちこちでライトゲームをした話です。


新婚旅行という形で今回は訪れているので、そんなに重装備ではなく、5〜10gくらいのジグやジグヘッドがメイン。


ポイントもよくわからないので、とりあえずあちこち行ってみました。

まずは北部の漁港。

船着場から30分くらい北上するとある港へ。
途中から圏外になるので要注意です。
一応最北のビーチに衛生電話か何かあるらしいと聞いたのでトラブったら目指すと良いかもしれませんが、現地の人も、使えるのかはわからん!というアバウトなものだったので(笑)、トラブってどうしようもなくなった時の最終手段として頭の片隅に入れておいてもらえたらと思います(雑)。











ハタの仲間はとにかく釣れてくれます。
オニカサゴ系の何かも混じり、底周辺を探るだけでもかなり楽しいです。








釣れるたびに種類が変わるので本当に楽しい…!


タックルはというとPE1号のスピニングに6gのジグヘッドにエコギアのピヨっとしたワームくっつけたやつで底を探ったり、ただ巻きしていても釣れます。



カッコいいな…!!
ただ巻きでぴろぴろ巻いているとガツンと当たったあとに強烈な引きでたまらなかったです。



翌日は南部へ

こちらは車で行けるところまで行き、そこからトレッキングです。
僕は普段からちょいちょい登山に行ったりしているのもあって(?)クロックスで気にせず進みましたが、人によってはちゃんとした靴があった方がいいかもしれませんね。
道中すれ違ったパリピみたいな二人組の姉ちゃんは汗だく化粧ドロドロで事案でした。
そして、「またくるからなァ!!!」って叫んでました。
青春っていいですね。




南部は磯やリーフのポイントが多く、シュノーケルポイントがたくさん。
泳いでいる側でやるのは危ないですが、人が全然いなかったので端っこの方でちょろっと竿を出しました。



バラハタはリーフに行くとたくさんいます。
結構憧れの魚でしたが、有り難みがなくなるくらい小さいのは釣れますね(笑)。
逆に漁港周りはあまりいないような印象を受けました。






オジサンもチョコチョコ。
こんなナリして結構ルアー追いかけてきて食います。
口の下のヒゲが器用に動いて面白いです。





そして強烈な引とともに上がってきたのがキヌベラ!!!ケミカルな色をしていますね!


以前、沖縄県の与那国島でメスを釣った事があったのですが、このオスの鮮やかな体色には結構憧れていました。



実物は写真以上にギラッギラ。なんでここまで鮮やかなのか…??と疑問に思うほどです(笑)。


このくらいでも6gのジグヘッドに食ってくるので楽しすぎますね〜!!!
虫ヘッド太軸みたいなフックが太くなっているタイプがオススメです。
というのも、リーフでの釣りは基本走られて潜られるとサンゴでラインブレイクしてしまうので、少し強引にファイトする事になります。
以前、与那国島や西表島でリーフ釣りをしていたら次々と現れる強烈な引きに鈎を伸ばされてしまうという事案が発生しまくり弾切れになってしまいました。





アジング用の細いタイプだと伸ばされてしまうので、今回太軸にしてみたら非常に調子良かったです。
そしてワームも尻尾だけ噛みちぎられたりというのがよくあるので充分に持っていった方が良いと思います。
腕が良ければプラグでもイケるのでしょうけど、根がかると嫌だなあとヒヨッてあまり使わずでした(笑)。


そんなこんな北に南にポイントあっちこっち行ってみました。個人的には南部の磯場の方が面白かったですが、潮の満ち引きや、人の入り方でポイントを選ばないといけなかったりするのがネックかもしれません。
また、今回は竿を出しませんでしたが(コロナもあって静かに釣りしたかったので)、母島丸のとまる港でもたくさん釣りしている人がいたのであそこもきっと良いのでしょうね。
というかどこでも釣れまくるので、自分が釣り上手くなったと錯覚しますね(笑)。

豆知識的

リーフの釣りがわからないという人にアドバイス。
僕もリーフは根がかるしよくわからんなあ…と思っていた頃があったのですが、やってみると簡単、サンゴとサンゴの間に落として巻くだけ。

こんな感じの場所でこんなところを巻いてきます。
サンゴの中にいるハタの仲間は目の前を通せば積極的に食ってきますし、下が砂から底まで落として巻いてもいいです。
ゆっくり巻いていても油断していると突然ドンッ!と食ってきて非常に楽しいです。
この時注意してほしいのが、サンゴというのは非常に成長が遅く、大きくなるのに時間がかかります。
上に乗ったりしてバキバキ折ってしまうと魚達の住処が減っていってしまうので避けましょう。
いつまでも綺麗な環境が残っている方がいいですもんね。
自然に感謝する気持ちを持ちながら遊ばせてもらいましょう!


使用タックルは
ロッド:モンスターキス/ディアモンスターMX-6+
リール:シマノ/レアニウム2500
ライン:どっかのやつPE1号
リーダー:どっかのやつ25lb


どこでもかしこでも釣れる天国のようなポイントだらけです。なかなか行く機会はないと思いますが、参考になればなあと思います!





おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。